FC2ブログ

ペットショップに1年じゅう子猫がいる不思議

明日の譲渡会はなんとかお天気も大丈夫そうです。
今回は子猫は3か月のケイトちゃんだけ、
あとは5か月のピッピ君とちょびちゃん、

 2018-1-21ケイト2  2018-1-21ピッピ4 2018-1-21ちょびちゃん6
そして少年猫と大人猫さんの参加15頭です。

大人の猫との暮らしを考えてくださっている方、
まだ具体的に迎える準備が整っていなくても
明日は来場数も控えめだと思いますから
久しぶりにゆったりじっくり大人猫と触れ合って
相性を確かめたり、飼い方の相談などできますよ、
まずはお気軽にいらしてくださいね。

つるみ・猫のカギしっぽの譲渡会は
地域に根差した小さな譲渡会ですが、
他の大きな団体さんの譲渡会でも、冬場は比較的子猫が
少ない時期です。
それは、猫の発情のピークや出産ラッシュがだいたい
季節で決まっているから。
最近は温暖化や栄養状態、人工照明などのせいで
曖昧になってきているようで、
シーズン以外でも子猫が生まれていますが
それでも春から夏にかけてと初冬、
どこの団体さんでも保護子猫があふれてあわあわするのに
比べれば、子猫騒動はこの時期少し鎮静化します。

でも、1年じゅう『常時子猫(子犬)80頭います!』とか
謳うペットショップが沢山あるのはなぜ??
どこのペットショップでも、いたいけな子猫子犬が
必ず一定数いますよね。
わぁ可愛い♡、という素直な反応の次に、
それって不思議だなぁ、と考えてみることは
大事なことだと思います。
ちょっとネットで調べてみれば
きっとその背景の闇が少し見えてくるでしょう。


子猫からじゃないと懐かないんじゃ?
いえいえ、大人猫も充分に人懐こくなりますし
落ち着いて悪戯も少なくなり、多少のお留守番にも
対応できるようになります。
性格がわかるので相性を見極めるのにも
大人猫のほうが楽。
例えばいずれもう1頭迎えたい、と思っている方なら
外見より他の猫との社会性がある子を
選ばれたほうがいいですしね。

そんなわけで、
今月はちょっと暇そう。
猫の飼い方のご相談なども受けられます、
どうぞ皆様のご来場をお待ちしています♪

2018-1-21画像参加タッキー君1 (3) 2018-1-21画像参加杏ちゃん2 2018-1-21くろちゃん君5 2018-1-21栄吉君7 2018-1-21ポンズ君2
2018-1-21シュリ君7 2018-1-21ココアちゃん1 2018-1-21ナナちゃん1 2018-1-21ピッピ1
2018-1-21しろプー7 2018-1-21飛雄馬君1 2018-1-21にゃーこ1 2018-1-7屋上にて7チャーシュー
2017₋10₋21あおちゃん2

 





ご確認下さい
「つるみ・猫のカギしっぽ」猫の譲渡条件
最新記事
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アルバム
カテゴリ
twitter
リンク
動物基金
  • 管理画面
  • 検索フォーム
    RSSリンクの表示
    月別アーカイブ
    QRコード
    QRコード